事業報告書と事業実績報告書

2018年12月31日一般貨物自動車運送業

貨物自動車運送事業者は、毎年事業報告書と事業実績報告書の提出義務があります。

事業報告書とは?

 貨物自動車運送事業者は、貨物自動車運送事業報告規則で規定されており、毎事業年度の経過後100 日以内までについて決算状況(運送売上や経費)を報告しなければなりません。

提出先

事業報告書の提出先は、本社営業所を管轄する運輸支局の輸送担当窓口です。
得に予約は必要ありませんが、いつも受付窓口は大変混雑していますので、時間の余裕をもって行くのがよいと思います。
※ 一定の要件を満たす特別積合せ貨物運送(運行系統が2以上の地方運輸局長の管轄区域に設定され、かつ、その起点から終点までの距離の合計が100㎞以上のものに限る。)を行う一般貨物自動車運送事業者の提出先は、国土交通大臣です)

提出部数

2部持参します。1部に受付印を押しされ控えとして返却されます。

報告書類の構成
1. 業績概況報告書(第1号様式)
2. 貸借対照表
3. 損益計算書
4. 一般貨物自動車運送事業損益明細表(第2号様式)
5. 一般貨物自動車運送事業人件費明細表(第3号様式)


事業報告の提出を怠り、監査で違反事項となった場合の罰則は、初回警告、再違反10日車です。

事業実績報告書とは?

 一般貨物自動車運送事業者は、前年4月1日から3月31日までの期間にかかる1年間の実績を事業実績報告書にして毎年、7月10日までに報告しなければなりません。(特定貨物自動車運送事業者は除きます)

提出先

事業報告書の提出先は、本社営業所を管轄する運輸支局の輸送担当窓口です。
得に予約は必要ありませんが、いつも受付窓口は大変混雑していますので、時間の余裕をもって行くのがよいと思います。

提出部数

2部持参します。1部に受付印を押しされ控えとして返却されます。

報告書類の構成

1. 貨物自動車運送事業実績報告書(第4号様式)

事業実績報告の提出を怠り、監査で違反事項となった場合の罰則は、初回警告、再違反10日車です。